転職を成功させるためのコツ

ミドル世代の転職は容易ではない

ミドル世代になって、ヘッドハンティングされるほどの際立った技術や確かなキャリアを持っていないとしたら、それまで以上の好条件で雇ってくれる職場を探すことはかなり難しくなってくるようです。
それなら配置換えを希望するなど、できれば退職しなくても済む方法を考えてみた方がいい場合もあるようです。

それでも転職を成功させたいと思ったら、とにかくたくさんの求人サイトをチェックして毎週20社以上の企業に応募するぐらいの覚悟が必要だと言われています。
思うように就職活動が進まないと焦りが生じてしまうかもしれませんが、100~200社とコンタクトをとるぐらいの意気込みで根気強く続けていく精神力が求められるのです。

そして自己分析をしっかりとして自分を売り込んでいく自信が転職を成功させるためには欠かせないことだと言えるでしょう。

仕事を辞めるタイミング

転職の成功率を上げるためには、どの段階で退職することが望ましいのでしょうか?
まず会社を辞めてから就職活動に専念するのか、それまでの仕事と並行して就職活動を行っていくのかによって成功率にも違いが出てくると言われています。

前にも説明した通り40代以降の転職成功率は格段に下がってしまいますから、先に退職していたとしたら日々の生活に困ってしまうかもしれません。
生活が困窮してくると精神的にも追いつめられることになり、冷静な判断ができなくなってしまいますから要注意です。
焦りが生じてしまうと前の職場よりも悪い条件の会社を選択してしまう恐れがありますので、多少の不満はあったとしても仕事を続けながら求人サイトを利用して情報収集をしていくという方が、結果的に成功率を高めることにつながっていくようです。


この記事をシェアする