転職の強みになるようなスキルとは

すぐに活かせる実務経験

まずは書類選考を通過することが先決ですから、求人サイトに応募する時はそれまでの職務内容や具体的な実績、資格などの詳細をしっかりと履歴書に明記することが大切です。
そして面接まで進むことができたら、自分ならどのようなメリットを与えることができるかという点を会社側にアピールしていきましょう。

会社としては低い給与で雇うことのできる若い世代ではなく、ミドル世代を雇用するというところに給与に見合う分だけの活躍を期待しています。
面接の際には「入社したらこうなりたい」というよりも「自分ならこのような仕事ができる」というような前向きなビジョンを語った方が印象が良くなるでしょう。
こうした志望動機についての受け答えが即戦力になるか、ならないかの明暗を分けることにもつながっていくようです。

社会人としてのコミュニケーションスキル

前の会社ではそれなりの実績もあってキャリアを積んできたという人は、プライドが高くなって自分を過大評価してしまうことも多く、新しい職場に上手く馴染めないこともあるようです。
依頼者の市場価値を分析してそれに見合った仕事を紹介してくれるという求人サイトもあるようです。
客観的に見た自分の市場価値を知りながら身の丈に合った仕事を探すことは、転職の成功率を上げていくためにも重要なことなので利用してみるといいでしょう。

採用を検討している会社は、これから仕事をしていく上で取引先と良好な信頼関係を結び商談などを円滑にまとめていけるような人当たりのいい人材を求めているはずです。
面接の際には面接官とのやり取りの中に表れてくるその人の人間味も見られていますので、自分の実績などを話して自己アピールをするだけでなく趣味や各種体験談などを交えながら雑談力や人柄を見てもらうといいかもしれません。



この記事をシェアする