求人サイトを使って転職成功率を上げる方法

転職を成功へと導く求人サイトの利用法

求人サイトを使って就職活動をするなら

統計を見てみると、40歳を超えたころから転職の成功率が一気に落ち込み始めているのが分かります。
ここではその原因について考えながら、ミドル世代が厳しい現実の中で理想の転職先を見つけるための方法について考えてみました。

たとえば右も左も分からないような新卒採用の社員であれば、上司との間にジェネレーションギャップという問題はあるものの一から育てていくということで若さとやる気を買ってもらえるかもしれません。
しかしミドル世代となるとそうはいかず扱いづらいというのが企業側の第一印象になってしまうようです。

企業は年相応の能力を発揮してほしいと考えていますから、それを裏付けるような専門的なスキルを持っていたり、人を動かすマネジメントの経験が豊富なミドル世代を探しています。
しかし年齢などを考慮してそれなりの給与を支払うことになるという点や、ある程度のキャリアとプライドを持ち合わせたミドル世代が若い社員たちと良好な関係を築いていけるかということを考えたら、採用する側もシビアになってしまうといいます。

つまり、自分が即戦力となり会社に貢献できるということを如何にしてアピールするかということが転職を成功へと導く鍵だと言えそうです。
ただ、何をもって成功と呼ぶかは人によって違ってくるので一概には言えません。
自分の能力を活かしてステップアップしていくための転職であれば収入が増えることを成功と呼ぶのかもしれませんし、自分の希望する働き方を実現させて充実した生活を送りたいというのであれば幸福度を上げることが、成功のバロメーターとなるでしょう。